忍者ブログ

この世界が終わる その時も争いが続くなら 僕たちだけでも愛し合っていたいんだよ
01 2019/02 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 03
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/18 cheeky]
[04/03 神代裕紀]
[04/01 黒霧]
[04/01 cheeky]
[01/28 神代裕紀]

02.18.11:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 02/18/11:38

04.18.19:05

野良

車にひかれた猫
動こうともがく
虫の息で鳴く

まわりに散る毛を見ながら
再度ひいてやったほうが良いかと思う

どうせ助からないのなら
いっそ楽に死なせてやりたい
苦しみを感じているのなら
その苦しみから解放してやりたい

助けようと治療しようとしても
苦しみを長引かせ
最後は死あるのみ

悲しみに暮れる人間
ただの自己満足

苦しみから解放するのも
その姿を見ていたくない人間の我儘

それでも
助かる可能性にかける
昔の自分はそうだった


考えて考えて
猫に近寄ろうとしたその時
別の車にひかれて絶命した

猫が?
自分が?

拍手[0回]

PR

なんか

どちらが絶命しても不幸ですね。

どっちかと言えば『自分』がひかれた方のが不幸が薄い気がします。

こういう詩は書こうと思っても書けないんですよね…

  • 2009年05月02日土
  • URL
  • 神代裕紀
  • 編集

神代様

こんな詩、書けなくても良いと思いますよ。
暗いですから(苦笑

人それぞれ、神代さんも神代さんの表現の仕方がありますから。

  • 2009年05月02日土
  • 黒霧
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら