忍者ブログ

この世界が終わる その時も争いが続くなら 僕たちだけでも愛し合っていたいんだよ
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/18 cheeky]
[04/03 神代裕紀]
[04/01 黒霧]
[04/01 cheeky]
[01/28 神代裕紀]

07.18.15:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/18/15:34

03.26.21:33

人はいずれ…

人はいずれ
どんなにあがいても死にゆく

死に向かって生きているよう

それは間違いではない
けれども答えでもない

何に向かって生きているかなんてわからない

だったら
どんな些細なことでも
どんなくだらないことでも良い
少しでも多く知りたい
覚えておきたい

愛しさも
痛みさえも

全てすべて
記憶という宝石箱の中

眠りにつくその時
それがきっと安息を与えてくれるはずだから

それだけが
持っていける唯一のものだから


少しでも多く
あなたの思い出を
私に…

拍手[0回]

PR

こんばんは。

小さいことだっていいの
大きなことなんて突然には無理だもの
小さいものがどんどん重なって大きくなるものだから

「私」という何の変哲もない宝石箱に
たくさん詰め込ませて

箱の見かけは他のと変わらないけど
中に入れると全てが輝き出す…
そんな宝石箱を私もそしてひとりひとりが
違ったものを持っているから






初めまして。素敵な詩ですね。
視点が素直で、
不安と前向きな気持ちが、
きれいな情景に描かれているなぁと思いました。

報告して頂きありがとうございます。
応援クリックもさせて頂きますね!!

では失礼します。。

  • 2009年03月26日木
  • 光藤 雫
  • 編集

光藤雫様

わざわざ詩まで書いてくださってありがとうございます。
駄文などではありませんよ。
お忙しいようですから、無理も程々になさってください。

そして応援までしていただき、ありがとうございます。

こちらで載せる詩は即興ですのであまり推敲していませんが、逆に新鮮さがあるかもしれません。
日常も書いていますし。

何にしても、ありがとうございます。

  • 2009年03月26日木
  • 黒霧
  • 編集

うんうん

私もいつからか覚えていませんが、強烈に知識を欲するようになっています。

それから死に対して恐怖感が無くなりましたね。

つまり幸せだって事です。
周りからどう思われていようと。

  • 2009年03月27日金
  • URL
  • 神代裕紀
  • 編集

神代様

それなら命を大切にできますね。
良かったです。

  • 2009年03月27日金
  • 黒霧
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら