忍者ブログ

この世界が終わる その時も争いが続くなら 僕たちだけでも愛し合っていたいんだよ
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/18 cheeky]
[04/03 神代裕紀]
[04/01 黒霧]
[04/01 cheeky]
[01/28 神代裕紀]

07.18.15:27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/18/15:27

12.08.21:49

snug ice

僕が愛したのは氷の像
水面に氷がはれば思い出さずにはいられない


触れれば凍傷を起こす
ほとんど閉じたままの目蓋
幸運にも開いた目は
僕を通り過ぎた
反応が返ってこないことはわかっていても
話し掛けずにはいられなかった
握った手は無力で
ただただ冷たかった

その身体全てで
僕の存在を認めなかった

感情をぶつけるべき存在は消えていた
やり場のない怒りを
もどかしさを
苦しみを 悲しみを
氷にぶつけないよう宙に舞わせた
僕を否定するくせに
何よりも脆い氷だったから

そう
全ては過去形
だって
その氷は溶けてしまった
寒い冬のあとから現れた
暖かい春の日に
溶けてしまった

消える直前に開いた目は
僕をとらえて温かく光った

もっと
もっと冬が続けば良かったのに


水面の薄い氷が光った気がした

拍手[3回]

PR

いや~

男心をくすぐる詩ですね~

男なら必ず心動くと思いますよ。

  • 2009年12月11日金
  • 神代裕紀
  • 編集
神代様
え?
そうですか?

最初は「私」が一人称だったんですが気が変わって「僕」にしたんです。
難しいですねぇ、男心は(笑
2009/12/11 23:02

無題

僕の手に

入らないのなら

誰のものにも

ならなければいい

僕を見ないなら

永遠に

誰も見なければいい

心ゆるしてくれないなら

いっそ消えてくれ

ほんの一瞬

願っただけなのに…

  • 2009年12月15日火
  • 風有
  • 編集
Re:
その
一瞬だけ頭をかすめた思いが
すべてを消してしまった

僕はどうすれば良かったのか
2009/12/15 23:25

無題

共に堕ちていく

闇の果てまで

  • 2009年12月15日火
  • 風有
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら