忍者ブログ

この世界が終わる その時も争いが続くなら 僕たちだけでも愛し合っていたいんだよ
08 2018/09 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/18 cheeky]
[04/03 神代裕紀]
[04/01 黒霧]
[04/01 cheeky]
[01/28 神代裕紀]

09.23.08:12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/23/08:12

10.24.11:25

秋のキミ

木々の葉が色づいてきた秋の入り口
その色に 2つとして同じものがないように
キミが見せる表情はいつも違った

気温差が出てきた秋の入り口
その差に 人々がついていけないように
ボクはいつも振り回されていたね

それらを苦に思ったこともなければ
それらでキミから離れたいと思ったことはない
毎日 何かを発見できて
毎日 何かが新鮮だった

まるで 金木犀のように甘い香りをふりまいて
まるで 彼岸花のように華やかで
そんな存在に魅せられたボクは
蝶追いし子どものよう

けれども その花は
ほんの少し 儚くて
ほんの少し 毒気があったから
ほんの少し
枯れてしまった
土になってしまった


ねえ
早く帰ってきて また花を咲かせてくれまいか
キミの好きな銀杏の葉が再び落ちてしまう前に…


今度は 上手に愛せるように…

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら