忍者ブログ

この世界が終わる その時も争いが続くなら 僕たちだけでも愛し合っていたいんだよ
08 2018/09 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/18 cheeky]
[04/03 神代裕紀]
[04/01 黒霧]
[04/01 cheeky]
[01/28 神代裕紀]

09.23.08:19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/23/08:19

09.14.15:05

月のせい

中秋の名月とやらを見ていました
中秋の名月と満月が重なることは珍しいらしいですね

月になりたいと思ったことがありました
月は人を包み込む優しさがある
月は人を綺麗に受け入れる

ねぇ
私はあなたを受け入れる優しさがほしかった
でも
未熟な私ではだめでした


私はあなたを恋愛的に好きだとは言えなかった
それでも、あなたは私のわがままを受け入れると言ってくれました
だから、あなたの好きという気持ちに付け込みました
その後、私のしていることは残酷なだけだと知りました

そう、だから、わがままを貫いてあなたが別れを言いだすのを待ちました
卑怯だとは知っていましたが
私には言えなかったから


ですから、私は後悔していないはずなのです
それなのになぜでしょうか
月の魔力のせいでしょうか
涙が止まりませんでした

月のせいなら他の星を見れば良い
けれど、月が明るすぎました
この傲慢さは私のよう


全て月のせい
こんな気持ちになるのも
こんな涙が流れるのも
全てが月のせい
月のせい

ねぇ、でもね
月が輝けるのは太陽のおかげなのだと
私は知っています


月は昼間顔を出すこともあるのだから
太陽を知らないわけではないのです

少し
いいえ とても
素直になれなかったのでしょう


だから
月を嫌いになりました

ごめんなさい、太陽さん

複雑な恋愛模様(苦笑)

久しぶりすぎるのに何の説明もなしに走り書きだけですみません。
とりあえず、生きてます(笑)

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら